青汁を飲みたいけど、味や匂いが苦手!そんな人にオススメの飲み方

青汁 飲み方
テレビCMなどで、ゴクゴクと美味しそうに青汁を飲む姿を見ることがあります。「飲みやすい」「にがくない」とうたっている青汁もたくさんありますが、やはり飲みなれていないひとが飲むには、どうしても抵抗がありますね。実際に飲んでみても、青臭さや苦味を感じるという人も多いのではないでしょうか。

しかし青汁と言うと栄養抜群で、いろんな効果が期待できるというイメージがありますね。中でも私がどうしても青汁を飲む習慣をつけたかった理由に、便秘があります。長年、ガンコな便秘に悩まされており、藁にもすがる思いで青汁を飲み始めました。ですが、どうしてもあの独特の味に慣れることができず、ある意味お薬を飲むような気持ちで毎日飲んでいました。そして、もう少し美味しく飲むことができる方法はないかと試行錯誤し、たどりついたのが「牛乳」です。

意外に牛乳は青汁との相性が良く、そのおかげで朝の1杯がゴクゴクと飲めてしまうようになりました。牛乳と合わせて飲むことで、まろやかな味になり抵抗なく飲めるようになり、何より、苦手に思っていた青汁独特の匂いを感じにくくなったことがポイントだと感じました。

飲みやすさの他に、青汁を牛乳と合わせて飲むことのメリットを調べてみると、栄養面でも、青汁と牛乳は非常に相性が良いことが分かりました。牛乳自体がカルシウムを多く含んでいることに加え、青汁の中に含まれるケールや大麦若葉、桑の葉なども大変カルシウムが豊富なので、一緒に飲むことでその吸収率をさらに高めることができます。

牛乳には炭水化物やたんぱく質、脂質などの基本的な栄養素が多く含まれています。そして青汁には、食物繊維やミネラル、ビタミン類など補助的な栄養素が含まれています。この2つを組み合わせることで、健康的に大きな効果を得ることができますね。

野菜ジュースやヨーグルトなども試しましたが、牛乳がいちばん飲みやすく、青汁だけで飲むよりもさらに大きな効果を期待できるので、非常にメリットが大きく、ダントツでオススメです。青汁が苦手な人も、得意な人も、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?