首イボは周りにバレやすい?首イボを上手に隠す方法


首イボは周りから見ると目立つ?

首のイボはできてしまうと本人としては見た目からとても気になるものですが、首イボは本人だけでなく、周りから見ればかなりは目立って見えます。しかも周りの人から見ればそのような体の部位やイボについては指摘等もしにくく、誰も言わないが「首イボが目立つ」と周りからそう思われているかもしれない、と考えると周りの視線がかなり怖くなってきます。

そもそも人の目は何も無い場所に一点だけある汚れや点を注目してしまうため、首にあるイボも黒く突起していたりすると周りからの視線を集めやすく気付かれやすいのです。そのため、首イボを何とかしたい、治療したいと思っている方へ、まずは首イボを何とか隠す方法について紹介していきます。

首イボを隠すなら服とネックレス

首イボの種類にもよりますが、あまり目立たないイボもありますのでその場合は思いっきり隠す必要はありません。しかし、黒くポツポツしたのが何個もあると隠すのも大変ですし、隠し方が悪いと逆に目立つ原因にもなります。まず首に少し出来た程度ならばあえて隠さないのも手ではありますが、数が多いのであればタートルネック等の首が隠れる服を着たり、外であればマフラー等を巻いて隠す事もできます。

またはアクセサリーとしてネックレスを使用することでも人の目をネックレスに集中させることができるので、首イボを隠すついでにオシャレまでできます。ネックレスのカラーリングも肌の明るい色に対して暗い色のネックレスを使えばネックレスの方が目立ちますので、首イボへ視線が行きにくくなります。

ただし、あまり派手なネックレスだと今度はファッションとのバランスが取りにくくなりますし、ネックレスとファッションにこだわりすぎて当初の目的である首イボを隠す事を忘れないように注意しましょう。

首イボを隠しながら治療

首イボを隠すのはあくまで首イボを治療するまでの応急処置であり、隠すだけでは根本からの解決にはなりません。冬場であればタートルネックやマフラーも違和感はありませんが、暑くなってくる夏場だとこれらのファッションをしているとおかしいですし、ネックレスも仕事場によっては付ける事が出来ない可能性もあります。そのため、隠すのは本当に一時しのぎにしかなりませんので、隠すほど気になる場合は首イボを除去するクリームや、クリニック等で早い段階で首イボを治療するのがオススメです。

治療が終わって首イボの目立たない綺麗な首になったほうが隠すよりも遥かに気持ちの面でも気楽になれるでしょう。